2018年4月16日 (月)

ホルコン攻略理論シリーズ、波テクニカル攻略理論で有名なサムロー氏の教材

話題のパチンコ革命 シマ連動論+当り移動順番論の気になる内容は?

 

パチンコ革命 シマ連動論+当り移動順番論 詳細はこちら

 

当たるべくして当たった?!

横並びグループ内には、当りの基本的な移動順番があります。

この移動順番はグループ制御としてプログラムされており、
全国どこのホールでも起こっている現象です。

この当り移動順番の法則の内容はホルコン攻略のみならずパチンコ攻略には かかせない
三大要素のひとつであります。

なのにその重要性を解いている販売業者は1つもなく我々が解析した完全オリジナルの攻略理論です。

このグループ内の当り順番をしることでグループ内で大当たりする台を絞り込むことが可能となります。。

つまり台えらびの大きなヒントの1つとなるのです。

考えてみてください。

何も知らないで1シマ40台の中からどうやって大当たりする台をえらびますか?

確率は40分の1です。(だから負けるのです)

ところが当り移動順番の知識があると絞込みができます。

シマ内のグループ構成についてもブログや基礎編編で解説していますが、
1グループ4台から6台が多いです。

グループ構成がわかると4~6台の中から当り移動順番打法によって
さらに大当たりする台がしぼれます。

つまりこの当り移動順番をしっていると大当たりする確率は3分の1から5分の1に激減するのです。

何もしらないよりも数倍もの確率で大当たりする台をゲットできるのです。

さらに本書で説明しているホールシステム(ホールコンピューター)の核心部分である、

連動グループによる当り移動の法則

では、どのくらい画期的ですごいかと言いますと、

ずばり一言でいえば、

大当たりする順番がわかるということです。

横並びグループ内の当り順番をしっているだけでも、
しらない他の遊戯客にくらべて初当りまでの的中率がたかくなるのですが、

それにくわえて連動グループによる大当たりする順番がわかると

 「グループ内当り移動順番」    (1方向)

       +
「連動グループ内当り移動順番」 (2方向)

つまり2方向による当りの移動法則の要素により、

つぎに大当りする可能性の高い台をよりたかい精度でしぼりこむことが
可能となります。

今のホルコンシステムによる攻略理論では、連動グループの存在はかかせません。

理由は全国ほとんどのホールにおいて、連動グループと横並びグループによる
連動性が確認されているからです。

横並びグループは隣近所数台によるエリアにおける当りの配信であります。
さらにこれらの台に連動してる法則があり、それが連動グループを構成し
シマ全体で当りを配信してるのです。

したがって連動台による当り移動循環の法則をしることにより、

●当たる台の予測ができる。

●すぐに当たらない台は打たなくてすむ

●大当たりの順番がわかると玉やお金の
 節約になる

というパチンコで勝つにはとてつもなく大きな武器となります。

大当たりしたときに、

「当たるべくして当たった」と実際に体感して頂けることが、

今回の「シマ連動論」における、最大のテーマであり命題です。

パチンコやるならパチンコ革命 シマ連動論+当り移動順番論を!!

パチンコ革命 シマ連動論+当り移動順番論 公式サイトはこちら

無料ブログはココログ